独自の観点で様々な旬のニュース、事件に関する記事を配信しております。

【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜

事件・ニュース・話題

キャンプ場でAV撮影!?「CA」が失態!  なぜ摘発された!?出演強要の手口とは!?

投稿日:

スポンサードリンク

ca

最近話題になっている、「AV出演強要」から派生した事件が話題になっています。

今回、書類送検されたのは「DMM.com」グループのAV制作会社「CA」の社長含む52名でした。

52名が書類送検! その罪状は?

今回、一斉摘発の対象となったのは「CA」の社長含む女優・男優をはじめとする52名でした。

罪状は、公然わいせつや同ほう助となっています。

2013年の9月30日と10月1日、神奈川県相模原市にあるキャンプ場で貸し切りを行って、人目にふれる可能性がありながらAV撮影を行った疑いからきているようです。

「CA」の社長は「見張りをたて、一般の人が入れないようにしていた」と容疑を否認していますが、女優や男優は容疑を認めています。

AVの撮影は予算の都合などから、かなりの強行軍になることもあるようですし、実際は人目に触れる可能性があったんじゃないかと疑ってしまいますよね。

スポンサードリンク

キャンプ場自体は貸し切りで行われたことから、公然わいせつの容疑は少し可哀想な気もしますが、ここで問題なのは「なぜ摘発に至ったのか」というところだと思います。

なぜ摘発された!?出演強要の手口とは!?

今回、摘発に至った経緯は、このAV撮影に参加していたAV女優が警視庁へ「出演強要」の相談をしたことからのようです。

この相談がきっかけで、AVプロダクション「マークスジャパン」の元社長らが労働者派遣法違反容疑で逮捕され、公然わいせつほう助でも書類送検されています。

そして、今回の摘発へと至りました。

昨今、問題視されている「出演強要」はかなり深刻な問題です。

「グラビア撮影」などと偽ってスカウト行うと、強引にAV撮影を敢行し、「親や学校・職場にバラすぞ」と脅しをかけて逃げ道を塞ぐという悪質さで、さらには辞めるには「違約金が必要」などとのたまう業者もいるとのこと。

制作側が与える心理的・肉体的なストレスから自殺に追い込まれれてしまうこともあるようです。

明らかな違法行為であり、人の尊厳を踏みにじる下劣さを許してはおけません。

専用の相談窓口が設けられるなど、対応も進んでいるようなので、AV業界の体質改善はもちろんのこと、被害者を助けていけるような構造を作っていってほしいですね。

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれてます

スポンサードリンク

-事件・ニュース・話題

Copyright© 【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.