独自の観点で様々な旬のニュース、事件に関する記事を配信しております。

【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜

動物ネタ

400歳のサメ!?話題の「ニシオンデンザメ」って?気になる生態や面白い特徴まとめ

投稿日:2016年8月12日 更新日:

スポンサードリンク

ダウンロード

最大で400年も生きるという驚きのご長寿ザメが、ネットニュースを中心に話題になっています。

今回、その生態が解明されたのは「ニシオンデンザメ」と呼ばれる種類のサメで、脊椎動物の中で最長寿の種となる可能性があります。

デンマークの大学が発表!「ニシオンデンザメ」驚愕の寿命とは

ダウンロード (2)

「ニシオンデンザメ」は北大西洋に生息する大型のサメで、成長した個体で体長は5~6mほど、その成長スピードが1年に約1cmと非常に遅いため、長寿であると推測されてきました。

しかし、歯以外が軟骨であるサメは、従来の方法では年齢や寿命を分析することは出来ませんでした。

デンマークのコペンハーゲン大学をはじめとする国際研究チームは、眼の水晶体を使って「放射性炭素年代測定」を行い、ニシオンデンザメの生態を解き明かしました。

その結果、平均寿命は少なくとも272歳(!)、測定に使われた個体の中で最も大きなものは392歳と推定されました。

今までに観測された個体から考えると、400歳を超えているものも存在するとのこと。

これまで、脊椎動物の中で最も長寿とされていたのはホッキョククジラの211歳でしたが、それを大きく上回る結果となりました。

スポンサードリンク

平均が272歳で、中には400年生きるものもいる生物……ちょっと想像がつかないレベルのご長寿ですね。

日本では江戸幕府が栄えており、初代将軍である徳川家康が死去したのがちょうど400年前、1616年の出来事です。

満州に「清」が建国されたのも1616年ですね。

そんな時代から、今の今まで生き続けている生物がいるというのは驚くべきことですし、それだけの年月を過ごしていることに、畏敬の念を感じます。

今回の研究で、メスが成熟した個体になるまでにかかる時間が150年を超えると推測され、近年「ニシオンデンザメ」が減少している要因であることも分かりました。

現在は「準絶滅危惧」とされているニシオンデンザメですが、この発表をきっかけに認識が変わり、種の保存に関する活動が広がっていくといいですね。

時速3km!?ニシオンデンザメは「世界一のろい魚」!

ダウンロード (1)

今回の一件で、最長寿の脊椎動物としての認識が広まる「ニシオンデンザメ」ですが、他にも個性的な特徴を持っています。

体調は5~6mと非常に大きなニシオンデンザメですが、この生物、とてつもなく泳ぐのが遅いのです。

「世界一のろい魚」としても知られており、なんとその移動スピードは平均で時速1km、速い時でも時速3km!!

なんともおっとりしているというか、のんびり屋さんなサメです。

寿命が解明されたことで、長い一生をゆっくりと生きている余裕みたいなものを感じ、ちょっとカッコよく見えてきますね。

このように2つの「世界一」を持っているニシオンデンザメ、死ぬまでに一度は見てみたいですね。

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれてます

スポンサードリンク

-動物ネタ

Copyright© 【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.