独自の観点で様々な旬のニュース、事件に関する記事を配信しております。

【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜

事件・ニュース・話題

【画像】「菓凛堂」の田部井俊介が逮捕! 埼玉県久喜市のかき氷店がまさかの違法営業!?

投稿日:

スポンサードリンク

a

有名店の、まさかの違法営業が話題を集めています。

食品衛生法違反の疑いで逮捕されたのは、田部井俊介容疑者(36)で、天然氷で有名なかき氷屋を経営していました。

埼玉県久喜市のかき氷店「菓凛堂」 実は違法営業だった!?

田部井俊介が経営していたのは、天然氷がウリのかき氷店「菓凛堂」

なんと2016年春にリニューアルオープンしたばかり。

埼玉県久喜市に店舗をかまえ、「ふんわり氷」で美味しいお店として、ネット上で話題になるほどの人気店だったようです。

koori

画像は実際の店舗で提供されていた「生いちご特製ミルク」です。

山盛りの天然氷と、果肉たっぷりのイチゴソースが非常に美味しそうですよね。

食べログなどのグルメサイトでの評価も高く、県外からも足を運ぶ人がいるようなお店だった事が分かります。

しかし、この「菓凛堂」は飲食店営業の際に必要な許可を申請していませんでした。

田部井俊介容疑者は「店舗として1回、届け出ればいいと勘違いしていた」と供述しているようで、実際にこの店舗は、リニューアルオープン前も同名の店舗として経営されていました。

リニューアルを機に、経営者が田部井俊介容疑者に変わったようです。

しかし、飲食店を始める際に自治体からの許可が必要なことは、少し考えれば分かりそうなものですし、前の店舗が申請していたにせよ、確認を取ることくらいはするものでしょう。

スポンサードリンク

「勘違い」だけで済ませてしまうには、少し腑に落ちません。

なぜこのような事件が起こったのでしょう?

「菓凛堂」の物件に問題があった!?

埼玉県のHPで、「食品営業の許可」について記載があるページを調べてみました。

簡単にまとめると

・食品衛生管理者の資格を持っている
・「施設基準」を満たしている
・水質検査に合格している

以上の3点が、営業許可をもらうために必要な事のようです。

今回の事件で、食品衛生管理者の資格については触れられていないため、田部井俊介が資格を持っていなかったということはないでしょう。

推察ではありますが、怪しく思えてしまうのは「施設基準」と「水質」の2点です。

「施設基準」に関しては、取り扱う食品によって基準が違うようなので、明確な線引きはなされていません。

なので具体的な考察はできませんが、かき氷店として営業するための。何らかの「施設基準」を満たしていなかった可能性はあります。

菓凛堂は、リニューアル前の段階では営業許可をとっているため、建物の老朽化等は考えられますよね。

そして「水質」に関してですが、菓凛堂は「八ヶ岳の天然水を利用した氷」を使っているとwebサイトに明記されています。

この「八ヶ岳の天然水」に何か問題(邪推し過ぎるのも良くないので割愛します)があった可能性もあり得るでしょう。

あくまで個人的な推察ですが、この2点のどちらかがネックとなり、営業許可の申請を「したくてもできない」状況だったのではないでしょうか。

この件に関しては続報が待たれますが、利用客の安全を守る為にも、全うな体制で営業していて欲しいものですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-事件・ニュース・話題

Copyright© 【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.