独自の観点で様々な旬のニュース、事件に関する記事を配信しております。

【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜

事件・ニュース・話題

梅村聡元参院議員の後援会職員が逮捕!買収約束って?ペナルティはあるの?

投稿日:

スポンサードリンク

uemmura

「おおさか維新の会」に所属する議員の逮捕が話題になっています。

今回の選挙活動が原因で逮捕されたのは、梅村聡元参院議員の後援会職員「松本麻里江」と「渡会静香」でした。

公職選挙法違反(買収約束)って? 気になる容疑を解説

松本麻里江、渡会静香両名にの罪状は「公職選挙法違反(買収約束)」

公示前の6月中旬、松本容疑者の知人の30代女性に、候補者のビラ配りをすれば日当1万数千円を払うと約束した疑いが持たれています。

依頼をされた女性は実際に選挙運動をしましたが、報酬は支払われていないようです。

さてこの事件、どこが公職選挙法に抵触してしまったのでしょうか。

それは「日当1万数千円を払うと約束」したところにあります。

そもそも選挙運動で報酬を支払うことの出来るのは、「選挙運動のために使用する事務員」、「車上等運動員(ウグイス嬢)」、「手話通訳者」に限られており、人数や金額等の上限も定められています。

スポンサードリンク

そのため、選挙運動をお手伝いは基本的にはボランティアで、金銭を渡せば「買収」行為となります。

もし仮にこの女性が事務員として雇われていた場合でも、日当は「1万円以内」と定められていることから、公職選挙法に違反することになるのです。

そして、実際に金銭が支払われていない今回のケースは「買収約束」となり、逮捕に繋がってしまいます。

「公職選挙法」は選挙の公平性や秩序を守るため、かなり厳密に定められている法律ですので、もし選挙活動を手伝うことになった時は気を付けなければなりませんね。

梅村聡元参議院議員の今後は? ペナルティはあるの?

さて、今回の事件は後援会職員が起こしたものですが、それが梅村聡元議員にどう影響してくるのでしょうか?

法に触れたのは後援会職員ですが、それが梅村聡の監督責任にも発展しかねません。

この事件についての取材で、梅村聡は「なにも知らない」と答えているそうです。

実態はまだ捜査中のため、今後の展開がどうなるかは分かりませんが、膿はさっさと取り除くべきでしょう。

ただでさえカネの問題で政治不信の続く昨今、クリーンな選挙を作っていけるように努力してほしいものです。

ちなみに今回の選挙で、梅村聡議員は残念ながら落選してしまっています。

「泣きっ面に蜂」とはまさにこのことでですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-事件・ニュース・話題

Copyright© 【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.