独自の観点で様々な旬のニュース、事件に関する記事を配信しております。

【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜

事件・ニュース・話題

【画像】山本辰人ら10人が詐欺で逮捕 「絶対もうかる」嘘だらけの詐欺の手口とは!?

投稿日:

スポンサードリンク

やまもと

悪質な詐欺事件が、Yahooニュースなどで話題になっています。

今回、逮捕されたのは貴金属販売会社「ジェーシーアイ」元社長、山本辰人容疑者ら10人。

この記事では事件の概要と、「なぜ騙されてしまったのか?」についてまとめてみました。

被害額は6億円!? 大規模な詐欺事件の概要

貴金属販売会社「ジェーシーアイ」は、「絶対にもうかる」という甘言で高齢者に近づき、金やプラチナを分割払いで購入する契約を結ばせていました。

「絶対にもうかる」という言葉は一旦置いておくとして、貴金属を売っていただけでは違法行為にはなりません。

しかし!分割の支払いが終わった後に現物を渡すと嘘をつき、会社は「金」も「プラチナ」も持っていなかったというのだから驚きです。

なんとも豪快というか、完全な架空の取り引きですが、被害額は6億円にものぼるようです。

分割払いといいながら、払い終わるまでモノは渡さないという、明らかに怪しい儲け話。

なぜ、このような手口に騙されてしまうのか。

それは金やプラチナの持つ「安心感」にあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

金やプラチナ「だからこそ」騙される!? 巧妙な手口についての考察

高齢化が進む日本では、お金を持っていて判断力の低い高齢者を狙う詐欺行為が多発しています。

それはテレビなどのメディアでも度々取り上げられており、昔に比べて高齢者の警戒心も高まっていることは間違いないでしょう。

しかし、金やプラチナなどの貴金属はすごく身近な投資の対象です。

実際に、近年では右肩上がりで価格が上がっていることもありますから、金やプラチナの投資が「もうかる」事はあながち嘘ではありません。

これまで、メディアで取り上げられてきた投資に関する詐欺は、「もうけ話」そのものが嘘でした。

架空の投資ファンドや実態のない未公開株、海外で行われるビジネスへの投資など、形態は様々です。

しかし今回のケースだと、金やプラチナを買って、価値が上がったところで売るという「もうけ話」は嘘でないため、逆に安心感を持ってしまったのではないでしょうか。

「積立」ではなく、「分割払い」での購入というところが嘘だったんですね。

詐欺の手口は年々巧妙になっているので、テレビや新聞など、高齢者に影響力を持つメディアが注意喚起を促すことで、詐欺被害の拡大をとめていかなければなりません。

うまい話には、絶対にウラがあるのですから。

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれてます

スポンサードリンク

-事件・ニュース・話題

Copyright© 【Mix-Feed.com】〜旬のニュースや事件を独自の観点で配信する総合メディアマガジン〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.